トップ

下肢静脈瘤の治療方法

下肢静脈瘤は放置してはいけない

下肢静脈瘤の症状とは

長時間同じ姿勢を続けることで、足の血行不良とむくみが進行し、静脈血管がぼこぼこと浮き上がった状態のことを「下肢静脈瘤」といいます。初期段階では血管が網の目状に見え足がだるく感じる程度ですが、進行すると血管の浮き出た状態が大変目立つようになり、強い痛みが生じたり、皮膚に潰瘍が発生したり、ひどい血栓症になる可能性もあるのです。

一度下肢静脈瘤になってしまったら、自然治癒で治ることはほとんどなく、逆に少しずつ悪化していきます。ぼこぼこと血管が浮き出た状態は一度なると、外科処置を取らない限りもう元には戻らない可能性が高いです。そのために早期発見が肝心です。病院での下肢静脈瘤の治療ならこちら。

血行不良により足に血液がたまることが原因で発生する下肢静脈瘤の症状は、ほとんどがふくらはぎに起こります。具体的な下肢静脈瘤の症状はこのようにあらわれてきます。

・足の血管が浮き出て見える
・足がむくむ
・ふくらはぎがだるい
・足がほてる
・足が痒い

血行不良による不調と聞けば理解できる症状ですね。この症状がひどくなり、足にコブができてくるようになったら軽度とは言えませんので外科手術となる可能性が高いでしょう。これまで下肢静脈瘤の外科処置は、数日間の入院を必要とする切開を伴う処置が主流でした。

・ストリッピング手術
足の付け根と膝~静脈にワイヤーを通しワイヤーごと静脈を引き抜く方法です。日帰りもできますが「痛み」「出血」といった患者側の負担が大きい処置です。

・高位結さ術
足の付け根で血管を縛り逆流を食い止める方法です。現在はあまり実施されていない手術です。

しかし、現在はレーザーやラジオ波を利用した血管内治療でより負担の少ない処置が選択できるようになっています。詳しくは次で解説します。